Stages Bike - StagesBike SB20 ユーザーガイド

ペダルの取り付け

注意: 取り付ける前に、左側と右側のペダルをご確認ください。 誤った取り付けやネジ山の損傷は、StagesBikeのクランクアームを傷つけることがあります。 取り付けに関するヘルプについては、ペダルメーカーの指示を参照してください。

注: StagesBikeフレームの頑丈な構成のため、ペダルの取り付けにはフラットスパナレンチの使用をお勧めします。 ペダルをクランクに取り付けるために六角レンチを使用することも可能ですが、お勧めできません。

必要な工具: ペダルレンチ 15 mm

1

クランク長さを決めたら、左側と右側のクランクアームにペダルを合わせます。 右側と左側のペダルの見分け方については、ペダルの資料を参照してください。

(L) と(R) とラベルされたペダルと内側向きのスピンドル

注: ユーザー-左ペダルネジ、反時計方向。 ユーザー-右ペダルネジ、時計方向。

 

2

取り付ける前に、ペダルのネジにグリースを塗布します。

グリースはペダルのネジに塗布します。

 

3

ペダルを取り付けるには、クランクアーム上で希望するクランク長の位置まででスピンドルネジを回し、ペダルネジを損傷しないでクランクアームに確実に取り付けるようにします。

左側のペダルの左上とクランクを指す青色の矢印は 、左側のペダルのネジ方向を指しています。

 

4

それぞれのペダルを正しくネジ山に取り付けたら、15mmのペダルレンチを使用してペダルを締め付けます。

ペダルレンチの左上、左側のペダルおよびクランクを指す青色の矢印は 、左側のペダルのネジ方向を指しています。

 

ペダルを取りつけた時、または他のクランク長さ位置に動かした時、 Stages Linkアプリを使用してパワーメーターをゼロリセットします。

以下の検索結果:

"term"