Dash M200/L200 - Stages Dash M200/L200 ファームウェア

Wi-Fiを通してアップデートをチェックする:

接続> Wi-Fi > 今すぐ同期の順で開きます。

USBを通してアップデートするには、最新ファームウェアリリースをダウンロードしてください。

ファームウェアリリース

Stage Dashの電源を入れ、USB(付属のUSBケーブルを使用)を使用してラップトップまたはデスクトップに接続します。

  1. Dashに.uhupkg ファイルをコピーします。
  2. ファイル転送が完了したら、Dashの接続を外します。
  3. アップデートは自動的に開始されます。

注意:ファームウェアアップデートの前に、Dashに少なくともバッテリー残量が15%あることをご確認ください。

日付: 07/19/22 (月/日/年)

現在のファームウェアリリース #: v3.1.0

更新するリリース#: v3.0.8

特徴:

改善:

  • スリープモードの際、バックライトが暗くなる代わりにスリープ画面が表示されます。
  • 上昇と下降の合計は “–”の代わりにに0と表示されます。
  • グラフのラップスパンインジケーターは、60秒後、分数形式に変更されます。
  • マップカラーがダークモードに調整されます。
  • ライド中にワークアウトが削除されると、 FE-C デバイスはSimモードに変更されます。
  • カラーホイール単位がBPMからHR(心拍数)アイコンに変更されました。
  • L/R バランスがゼロになります。
  • Simモードコマンドは、ワークアウトラップのためにパワー目標なしでFE-C機器に送られます。
  • GPXトラックサポートが追加されました。

バグ修正:

  • 間違ったメニューアイコンを選択したオーバーレイメニューが表示されなくなりました。
  • TCX ファイルはライド中にロードされると、キューと標高設定を表示します。
  • ライド中にダークからライドモードに切り替えても、軌跡が消えることがなくなりました。
  • ラップオーバーレイは自動設定を使用するとき、平均パワーを表示します。
  • ライド中にUSBデータ接続が差し込まれると、ホーム画面が表示されます。
  • 30秒勾配が正常に動作します。
  • ライド中の電源として、トレーナーからパワーメートルに変更してもパワーフィールドが空白になることがなくなりました。
  • 無効なフィールドを含むGPXコースが正常にロードされます。
  • トレーナーコントロールデータフィールドが、一貫してコントロール値を表示します。
  • マップの一番上で、マップの歪みが表示されなくなりました。
  • add_filesディレクトリに残る代わりに、すべてのフィットコースがコースファイルにロードされるようになりました。
  • ワークアウトはライド画面メニューから解除された後、正しく解除されます。
  • ワークアウトグラフパワーラインは、インターバルがダークモードで黄色になっている場合、見やすくなりました。
  • キューシートがシートの一番上で次のキューを表示します。
  • 現在、ラップ標準化パワーは予想通りに動作します

日付: 06/06/22 (月/日/年)

現在のファームウェアリリース #: v3.0.8

更新するリリース #: v3.0.7

バグ修正:

  • マイナーな修正と改善。

日付: 05/16/22 (月/日/年)

現在のファームウェアリリース #: v3.0.7

更新するリリース#: v3.0.6

バグ修正:

  • マイナーな修正。

日付: (月/日/年)

現在のファームウェアリリース #: v3.0.6

更新するリリース#: v3.0.5

バグ修正:

  • マイナーな修正。

日付: 03/24/22 (月/日/年)

現在のファームウェアリリース#: v3.0.5

更新するリリース#: v3.0.4

バグ修正:

  • ライド履歴に間違ったライド日付が表示されなくなりました。

日付: 3/10/22 (月/日/年)

現在のファームウェアリリース#: v3.0.4

更新するリリース#: v3.0.1

改善

  • キューシートに格納されるキュー数が500に増加されました。

バグ修正:

  • TCX ファイルは add_files フォルダにロードされ、正確なナビゲーション、関心地点、標高を表示します。
  • ライド履歴の修正。

日付:1/26/22 (月/日/年)

現在のファームウェアリリース#: v3.0.1

更新するリリース#:該当なし

  • 初回のリリース。